PVDコーティング

PVDコーティングとは

物理蒸着(PVD)の歴史

物理蒸着(PVD)方法は、主に、基材上の固体コーティング材料の蒸発および/またはスパッタリングによる蓄積の原理に基づいてるものです。

1857年にファラデーが真空下で金属ワイヤを蒸着することにより作成されたコーティングは、最初のPVDコーティング用途として受け入れられています。 光学特性の検査は、1888年にこの方法でKuntzによって作成された薄膜で行われました。この方法は、長年物理学の研究に限定されていましたが、 1960年代以降は工作機械の切削面における摩耗時期を遅らせる目的で使い始められました

物理化学原理の凝固メカニズムは、PVDコーティング法では無効です。 さらに、薄膜の方法でコーティングされた材料は、基材の弾性特性を示します。 これらの理由により、ほとんどの固体材料に各種の材料をコーティングすることが可能です。

物理蒸着(PVD)テクニック

機械部品の寿命および工具のライフサイクルは、摩耗によって制限されます。この頃は、ますます増加してきた同じ部品に関する生産 の需要に対して、摩耗による生産設備の停止は原価を増やす要因となっています。従い、摩耗の遅れは日々の経済的条件のためにますます重要になります。使用済みの工作機と金型部品をより高価な部品と交換する代わりに、部品表面の摩擦と摩耗特性を改善することにより、問題に対する経済的且つ実用的なアプローチがもたらされます。薄膜硬質セラミックコーティングは、この分野で大きな成功をもたらしています。

PVDコーティング技術は、金型や金型の表面に硬質セラミックコーティングを適切に塗布する方法の中で最も重要な方法です。この技術は、コーティングが適用される表面上で蒸発および/またはスパッタされることによる、真空下での材料のイオン蓄積の原理に基づいています。

PVDコーティングの利点

  • 高硬度(2400-4000 HV)(〜80-90 HRc)
  • 高耐摩耗性
  • 低摩擦係数(高い表面潤滑性)
  • 熱伝導率が低いため、ツールの加熱が減少
  • 化学的環境に対する耐久
  • 機械加工部品の表面品質の向上
  • 加工部品の金型表面への付着を防ぐ
  • ミクロンレベルのコーティング厚みによる寸法の変化なし
  • 工具の物理的寿命の延長により、1個あたりの工具コストが削減されます。
  • ツールの交換頻度が減るため、工作機械の停止時間が減少します。
  • 各エリアで均一なコーティング厚を得る

PVDコーティング

当社では、Platit PVDコーティングシステムを使用して、高品質のPVDコーティングを製造しています。 > 当社のPVDコーティング技術

コーティング名化学成分硬度 (HV)摩擦係数*厚み (μm)分解温度 (°C)プロパティ-
Super TiNTiN ベース26000,402 – 5600ゴールデンイエロー汎用用途、幅広い適用分野、すべての機械化学的特性は中レベル
AntrazitTiCN ベース38000,251 – 4400バイオレットグレー高硬度、低摩擦係数、中温耐性
Zafir PlusAlTiN ベース36000,551 – 4900黒紫高硬度、高耐酸化性、高耐熱性
Moldex ExtraCrN ベース24000,352 – 10700シルバーグレー低摩擦係数、高表面品質、非常に高いコーティング靭性、厚塗りの特徴
OnyxAlCrN ベース36000,501 – 71000ヒュームグレー高硬度、高耐熱性、高耐酸化性、不十分な冷却とドライチップ除去に適し
PreventaTiSiN ベース42000,501 – 41100ブロンズ非常に高い硬度、非常に高い熱硬度、優れた耐酸化性、硬い材料からのチップ除去とドライカットに適した、ナノコンポジット構造
AlternaZrN ベース30000,301 – 5450明るい黄色優れた表面特性、非常に高い粘着摩耗、粘着、巻き抵抗
PotentaTiCrN ベース30000,301 – 7600ゴールデンイエローボディ内に低摩擦機能を備えたセラミック間バインド構造に中間相が含まれています
Lubrica TopAlTiCrN ベース37000,502 – 10950ブラックパープル高硬度、低摩擦係数、高靭性、耐熱性、高耐熱性
Lubrica TriboCrAlTiN ベース37000,302 – 10900青灰色Lubrica Tribo PVDコーティングは、表面特性が改善され、摩擦係数が低下したLubrica Topコーティングのバージョンです
Mold PlastTİN ベース26000,400,5 – 2600ゴールデンイエロー高硬度、低摩擦係数、高靭性、耐熱性、高耐熱性

どの PVD コーティングを選定すればよいですか?

Yeni hijyen kuralları dahilinde çalışma sistemimizdeki bazı değişiklikleri sizlerle paylaşmak isteriz.

X