Preventa PVDコーティングは、その高い硬度と優れた機械的特性、高温耐性により、特に厳しい条件下で機械加工には最適です。

Preventaは、ナノコンポジットコーティングを特長としています。 従来のPVDコーティングの粒径は、コーティングの種類に応じて30〜80ナノメートルの範囲ですが、ナノコンポジットコーティングの粒径は通常、約10ナノメートルです。 このため、電子顕微鏡の断面写真に見られる従来のPVDコーティングの柱状粒子構造は、ナノコンポジットコーティングには見られません。 構造はアモルファスのような外観です。 柱状構造のPVDコーティングとナノコンポジットコーティングの断面写真を以下に示します。

ナノコンポジットコーティングは、1000°Cを超える可動温度でも硬度の低下や化学的劣化なしに使用できます。これらの機能により、TITANITによって開発されたナノコンポジット特性を備えたPreventaコーティングは、非常に高い切削温度が発生するドライ加工、硬い製作工具の高速加工で使用される切削工具、および工具に高温が発生する加工に効果的に適用されています。

PVDコーティング Preventa

プロパティと適用分野

  • ナノコンポジット構造で、非常に高い耐寒性および耐熱性
  • 非常に高速での重い機械加工への適合性
  • 硬いワークピースの加工に適しています
  • ドライ加工
技術特性
ブロンズ
組成TiSiNベース
酸化温度1100 °C
硬度4200 HV
摩擦係数0,50
コーティング厚1 – 4 μm